読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

2016.12.06 The XX 豊洲PIT

ライブ 音楽

 

凄まじいものを見た。

The XXが来日すると聞き、何となくアルバムを聞き返したらいい感じだったので軽い気持ちでライブに行ってみた。


まーーーそれはもう期待を遥かに上回る至高の演奏だった。

まずはSBTRKTでお馴染みのSamphaが前座で会場を温めてくれた。ピアノの弾き語りによるシンプルな演奏だったが、透き通るような歌声に思わず呑まれてしまった。照明も相まって非常に幻想的であった。


肝心のThe XXと言えば、とにかくロミーとオリヴァーの囁くような、しかし力強い声が響いた。あの声にリヴァーブがかかれば、怖いものなど無いと思った。
当然ジェイミーの存在感も大きく、あらゆる曲にアレンジが施され、ビートの多くがパッドの生演奏であることにも驚かされた。たまにヨレるリズムにすら微笑ましさを感じてしまった。一曲目から新曲で入る果敢さもまた良い!新曲はどれもダンサブルで今までとは一味違うThe XXの一面を見ることができたので、次のアルバムが非常に楽しみ。

 

Loud Place, Stranger In A Room, Goshとジェイミーのソロ曲を惜しみなく披露してくれたのは予想外だった。Goshでは、ロミーとオリヴァーが手を取り合って踊っていたシーンがより多幸感を膨らませてくれた。さあ踊るぞ、と上目遣いでロミーに近付くオリヴァーが程よくキモかったのが非常に気に入った。

 

どの曲も間違いなく素晴らしかったが、強いてベストソングを挙げるなら1st albumの『Infinity』。ラストのサビの『give it up, I can't give up』の箇所が原曲を遥かに超える爆音と尺でぶちかましてきやがったので、彼らの思惑通りぶち上がった。静かな曲が多い中で、対照的なアレンジであったことがより楽曲を際立たせていたように思う。


そして何より一番評価したいのは、低音で膀胱が揺すぶられてめちゃくちゃトイレに行きたくなったことだ。本当に素晴らしい一日だった。

 

f:id:isjmm:20161207010311j:plain

f:id:isjmm:20161207010322j:plain

f:id:isjmm:20161207010337j:plain

f:id:isjmm:20161207010343j:plain