ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

マスとエモとハードコア


今個人的に激アツの、マスでエモでハードコアな、取っ付きにくいようでポップ、且つ爆音のロックバンドをいくつか挙げてみる。

 

■Adebisi Shank


アイルランドの3ピースインストバンド
超バカテクのギター、ゴリゴリのベース、暴れ回る弦楽器をドッシリしたビートが支える、と隙なし。ギターの多彩なフレーズ、エフェクターの使い方から曲展開まですべてかっちょいい。ポップで聞きやすく、アルバムごとに毛色が違うのが面白い。

日本からはLITE擁するParabolica Recordsから音源が出ている。ギターは特にLITEの大ファンらしく、ベースの井澤曰くLITEの海外公演で「『Ghost Dance』(たぶんこの曲)やるの!?」と目をキラキラさせていたとか。

残念ながらもう既に解散済み。ラストライブの新代田feverはそりゃもうハッピー空間でした。本当にあの時はギターが神がかっていた。きっと死ぬまで聞き続けるであろう最高のバンド。


Adebisi Shank | 'Masa'

彼らの所属するLAのレーベルSargent HouseにはblisやAnd So I Watch From You Afarなど、個性的且つ良質なバンドが多い。

 

 

◼︎nuito


京都の3ピースインストバンド。爆音とは少し違うかも。
マイスペース時代は、コンテンポラリプログレッシブマスロックとか自称してたような。そんな突飛な名前通り、曲のほとんどが超複雑な構成であり、タッピングの嵐。このバンドに出会ってからからマスロックをよく聞くようになった気がする。

一インディーズバンドにしては細部に独特なこだわりがあり、個性が強い。Hinemosという曲を一定の条件?で左右のスピーカーを向き合わせると新たな音が聞こえるとか、アーティスト写真はゴミ山の中で顔の見えない3人が寝そべってるだけとか。

ホームページにも隠しリンクや、PCの画面を傾けると文字が浮かび上がる等の工夫があり、曲やライブ以外の面でも非常に楽しませてくれるバンドである。
活動休止前にバンドスコア貼るとかギターのひらうが言ってたけど、一向に公開されない。

2009年のtera melosやAdebishi Shankの来日公演のサポートアクトも務めており、活動休止前から注目を集めていた。前者のライブでリズム隊のサインを貰った後、ひらうにサインを求めたら、「俺はバンマスだから何してもいいんだ」とリズム隊のサインにバツを付けた後、でかでかと自分のサインを書いてくれた。

最近、7年振りに活動を再開したらしく、新宿MARZでのライブを見たが演奏はまるで衰えておらず、以前のライブではスカスカだったMARZがパンパンになっていて感極まった。彼らのライブは何度でも拝みたい。

 


NUITO - NUITO ARE BACK.′ @TOKYO MARZ 2016/6/19

 

◼︎1994!


ペンシルバニアの2ピースバンド。エモリバイバルの流れを汲んでおり、その中でもパンキッシュで非常にパワーに溢れている。暑苦しくダミ声で吠えるボーカルと手数の多いギターはsnowingやcastevetにも通じるものがある。

どの音源も音質が悪いが、ライブ動画を見てると客と組んず解れつのぐちゃみそなのでそれを再現してると思えばこれはこれでいいのかも。

最新アルバムの『fuck it!』には小さいフォトブックみたいなものにツアーやライブの写真が付いていて嬉しい。

しかしどうもエモリバイバル系は日本で流通しているフィジカルの数が少なく、ディストロで見つけても売り切れていることが多いのが如何ともしがたい。

 


1994! - SOUR THANKS MAN - THE PEEL, KINGSTON 27th JULY 2011


どれも最高す。生きてて良かった。

もっと生きてて良かった級の音楽知りたい。