ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

2016.12.06 The XX 豊洲PIT

 

凄まじいものを見た。

The XXが来日すると聞き、何となくアルバムを聞き返したらいい感じだったので軽い気持ちでライブに行ってみた。


まーーーそれはもう期待を遥かに上回る至高の演奏だった。

まずはSBTRKTでお馴染みのSamphaが前座で会場を温めてくれた。ピアノの弾き語りによるシンプルな演奏だったが、透き通るような歌声に思わず呑まれてしまった。照明も相まって非常に幻想的であった。


肝心のThe XXと言えば、とにかくロミーとオリヴァーの囁くような、しかし力強い声が響いた。あの声にリヴァーブがかかれば、怖いものなど無いと思った。
当然ジェイミーの存在感も大きく、あらゆる曲にアレンジが施され、ビートの多くがパッドの生演奏であることにも驚かされた。たまにヨレるリズムにすら微笑ましさを感じてしまった。一曲目から新曲で入る果敢さもまた良い!新曲はどれもダンサブルで今までとは一味違うThe XXの一面を見ることができたので、次のアルバムが非常に楽しみ。

 

Loud Place, Stranger In A Room, Goshとジェイミーのソロ曲を惜しみなく披露してくれたのは予想外だった。Goshでは、ロミーとオリヴァーが手を取り合って踊っていたシーンがより多幸感を膨らませてくれた。さあ踊るぞ、と上目遣いでロミーに近付くオリヴァーが程よくキモかったのが非常に気に入った。

 

どの曲も間違いなく素晴らしかったが、強いてベストソングを挙げるなら1st albumの『Infinity』。ラストのサビの『give it up, I can't give up』の箇所が原曲を遥かに超える爆音と尺でぶちかましてきやがったので、彼らの思惑通りぶち上がった。静かな曲が多い中で、対照的なアレンジであったことがより楽曲を際立たせていたように思う。


一番の評価ポイントは、低音で膀胱が揺すぶられてめちゃくちゃトイレに行きたくなったことだ。本当に素晴らしい一日だった。

 

f:id:isjmm:20161207010311j:plain

f:id:isjmm:20161207010322j:plain

f:id:isjmm:20161207010337j:plain

f:id:isjmm:20161207010343j:plain

 

 

掘さんと宮村くんとMineral

 

掘さんと宮村くんを久しぶりに読み、この漫画を教えてくれた、ツイッターで知り合った友達のことを思い出した。

その人とは高校の時にPeople In The BoxSHIBUYA-AX(潰れると聞いたときは本当に悲しかった)でのライブにお互い来ていたことがきっかけで知り合い、そこからちょくちょく遊んだり、MASS OF THE FERMENTING DREGSmudy on the 昨晩のライブに一緒に行ったりしていた。Numbei GirlやZazen Boysの音源をくれたり、掘さんと宮村くんを貸してくれたりと色々と自分の知らないことを教えてくれて、恥ずかしげも無く言わせてもらうならば、良い出会いだったなあと今になって思う。その時ハマってたニコニコ動画のゲーム実況の話なんかで盛り上がったりもした。

 

ネット繋がりの友達にありがちだが、大学入ってからは何となーく連絡を取らなくなり、あいつ今何やってんだろうなんて考えると、勝手にたまらなくエモくなってしまう。ちょうど冬だしMineralの2ndなんか聞いちゃう。感傷に浸りまくっちゃう。

 

働き始めてからは必然的に人に会うことが減り、あいつは今何やってんだろう、久しぶりに話してえなあと思うことが格段に増えたので日々モヤモヤする。こんなんじゃエモ聞いちゃうなーーーThe Get Up Kidsも好きだけど、Mineralとかもっと湿っぽい方。

最近はSnowingとかI Love Your Lifestyle みたいな疾走感あるやつばっか聞いてたから、テンポの遅い綺麗目な曲が聞きたくなってきた。

 

しかしMineralのEndSerenadingは切なさと湿っぽさに溢れてて、反吐が出る程の名盤だと思いました。1stよりこっちの方が好きかもな。
掘さんと宮村くんを教えてくれたあいつに是非聞かせたい一枚。

 


Mineral - EndSerenading (full album)

 


NUMBERGIRL 鉄風鋭くなって

 

 

 

マスとエモとハードコア


今個人的に激アツの、マスでエモでハードコアな、取っ付きにくいようでポップ、且つ爆音のロックバンドをいくつか挙げてみる。

 

■Adebisi Shank


アイルランドの3ピースインストバンド
超バカテクのギター、ゴリゴリのベース、暴れ回る弦楽器をドッシリしたビートが支える、と隙なし。ギターの多彩なフレーズ、エフェクターの使い方から曲展開まですべてかっちょいい。ポップで聞きやすく、アルバムごとに毛色が違うのが面白い。

日本からはLITE擁するParabolica Recordsから音源が出ている。ギターは特にLITEの大ファンらしく、ベースの井澤曰くLITEの海外公演で「『Ghost Dance』(たぶんこの曲)やるの!?」と目をキラキラさせていたとか。

残念ながらもう既に解散済み。ラストライブの新代田feverはそりゃもうハッピー空間でした。本当にあの時はギターが神がかっていた。きっと死ぬまで聞き続けるであろう最高のバンド。


Adebisi Shank | 'Masa'

彼らの所属するLAのレーベルSargent HouseにはblisやAnd So I Watch From You Afarなど、個性的且つ良質なバンドが多い。

 

 

◼︎nuito


京都の3ピースインストバンド。爆音とは少し違うかも。
マイスペース時代は、コンテンポラリプログレッシブマスロックとか自称してたような。そんな突飛な名前通り、曲のほとんどが超複雑な構成であり、タッピングの嵐。このバンドに出会ってからからマスロックをよく聞くようになった気がする。

一インディーズバンドにしては細部に独特なこだわりがあり、個性が強い。Hinemosという曲を一定の条件?で左右のスピーカーを向き合わせると新たな音が聞こえるとか、アーティスト写真はゴミ山の中で顔の見えない3人が寝そべってるだけとか。

ホームページにも隠しリンクや、PCの画面を傾けると文字が浮かび上がる等の工夫があり、曲やライブ以外の面でも非常に楽しませてくれるバンドである。
活動休止前にバンドスコア貼るとかギターのひらうが言ってたけど、一向に公開されない。

2009年のtera melosやAdebishi Shankの来日公演のサポートアクトも務めており、活動休止前から注目を集めていた。前者のライブでリズム隊のサインを貰った後、ひらうにサインを求めたら、「俺はバンマスだから何してもいいんだ」とリズム隊のサインにバツを付けた後、でかでかと自分のサインを書いてくれた。

最近、7年振りに活動を再開したらしく、新宿MARZでのライブを見たが演奏はまるで衰えておらず、以前のライブではスカスカだったMARZがパンパンになっていて感極まった。彼らのライブは何度でも拝みたい。

 


NUITO - NUITO ARE BACK.′ @TOKYO MARZ 2016/6/19

 

◼︎1994!


ペンシルバニアの2ピースバンド。エモリバイバルの流れを汲んでおり、その中でもパンキッシュで非常にパワーに溢れている。暑苦しくダミ声で吠えるボーカルと手数の多いギターはsnowingやcastevetにも通じるものがある。

どの音源も音質が悪いが、ライブ動画を見てると客と組んず解れつのぐちゃみそなのでそれを再現してると思えばこれはこれでいいのかも。

最新アルバムの『fuck it!』には小さいフォトブックみたいなものにツアーやライブの写真が付いていて嬉しい。

しかしどうもエモリバイバル系は日本で流通しているフィジカルの数が少なく、ディストロで見つけても売り切れていることが多いのが如何ともしがたい。

 


1994! - SOUR THANKS MAN - THE PEEL, KINGSTON 27th JULY 2011


どれも最高す。生きてて良かった。

もっと生きてて良かった級の音楽知りたい。

 

The Chemical Brothers 2016/10/14 新木場StudioCoast

 

初めて見たケミカルブラザーズは、何物にも代え難い幸せな気持ちにさせてくれた。ちょっとした好奇心で見に行った部分もあったが、予想を遥かに上回る最高のライブだった。
個人的に気に入った曲は、まずStar Guitar 。イントロのクラップ音鳴った瞬間震えた。あれでご飯いっぱい食える。
Galvanizeがこれまた良かった。普段ほとんど聞かない曲だけにいい発見があった。
やっぱり生ででかい音で聞けるってのはたまらん。ケミカルのライブは音源では分からない良さが沢山あった。そんでもってDig Own Your Holeはクソ良いアルバム。

The Chemical Brothers - Star Guitar

 

 

今年のサマーソニックで見たアンダーワールドも何度も奇声を上げる程良かった。何が流れても踊れたが、やっぱりborn slippyにやられた。弾むボールに照明が当たって、狂わんばかりの多幸感に包まれてた。

f:id:isjmm:20161112141224j:plain

f:id:isjmm:20161112141255j:plain

 

最近はもっぱらエモとマスとヒップホップだけど、踊れるやつももっと掘りたい。

nujabesとゲートウェイミュージック

 

職場にテクノ、ジャズ、ディスコ、ヒップホップ、ソウル、ロックとにかく多様なジャンルの音楽に詳しい人がいる。その人は元々DJをやっていて、地元でイベントを開いたり、ミックスCDを作り高円寺のロスアプソン、下高井戸のトラスムンド、大阪のレアグルーヴなど知る人ぞ知るマニアックなレコ屋に売り込んだりと、積極的に活動していたそうだ。
なーんでそんなにジャンルレスに音楽聞けるもんかね、と思っていたが、今日その人にふと勧められたnujabesの『final view』を聞いた時に少し合点がいった。

 

Yusef Lateefの『Love Theme From Spartacus』というジャズの楽曲が元ネタになっているようで、『final view』自体は曲調はジャズなんだけどビートはヒップホップという。ピアノとサックス?の絡みが非常に心地よくそれにビートがすごく合う。こういう音楽から趣味がヒップホップからジャズ見たいな感じで派生していったんだろうな〜としみじみしてしまった。

ゲートウェイドラッグならぬゲートウェイミュージック。俺もゲートウェイミュージック作りてえ。

 

nujabesはmodal soulしか聞いたことなかったけど、final viewが入ってるアルバムもかなり良い感じ。こういう発見が週一くらいであったらきっと人生楽しい。仕事は辞めたい。


Yusef Lateef - Love Theme From Spartacus

 


Nujabes - The Final Viewmp4

 

そんなこと書きながら渋谷駅構内を歩いてたら、渋谷よう分からんからおすすめのラーメン屋教えてくれと男女二人組に話しかけられ、何やかんや音楽の話なんかしたりして連絡先交換した。なんだこれ。

友達にそのことを話したら、よくある宗教の勧誘だと白けた顔で言われた。あの一瞬の

俺の喜びを返せ!!あれ以降連絡は一度も無い・・・。

 

ウルフ・オブ・ウォールストリート

 


レオナルド・ディカプリオ扮するジョーダン・ベルフォートのぶっ飛んだ転落劇。

f:id:isjmm:20160830203333j:plain

とにかく金、女、ドラッグの映画。
ドル札でコカイン吸うし(会社で)、姉ちゃんのおっぱい出まくりだし、飛行機の中でストリッパーと乱交パーティーするし、ぬもはや爽快だった。

これだけ不正で金稼いで乱痴気騒ぎ繰り返して、どうやって捕まるんだろうなーとか思いながら楽しめる映画だった。

 

家の電話が盗聴されていることを知ったジョーダンが、急いで家に戻ろうとするも大量の睡眠薬と酒でラリっているためにまともに歩けず、地を這い階段を転がり車に乗り込もうとするシーンが良い。最後はコカインで覚醒して、食べ物を喉に詰まらせた友人を救う。アホ。

 

ラストシーンが実に印象的だった。

出所後、セミナーを開いたジョーダンは「このペンを俺に売ってみろ」と受講者に投げかけるが、どれも満足な答えは得られず、会場を見回すと受講者達は呆然と間の抜けた顔でジョーダンを見つめている。その問いに対して、かつて的確な答えをくれたブラッドのような人材はおらず、時は戻ってこないことを決定付けるようなシーンで、その虚しさが華やかだった生活とは余りに対照的だった。

 


Devo - Uncontrollable Urge (Live On Fridays)

ジョーダンが仲間とゴルフをするシーンで流れたDevo

 


この映画を見て、フィルスを思い出した。ドラッグと汚職にまみれ、他人の女とヤりまくり、ボロボロになっていく刑事の姿はまるでジョーダン・ビルフォードの様だが、決定的に違うのはこの刑事が孤独且つ富豪ではないこと。ユーモラスではあるが、全体的に物悲しさが漂っている。それでもフィルスもめちゃくちゃ好きだ。ラストシーンで、悲しくも力強く笑いながら自ら首を吊り死に行く姿は天晴れ。

f:id:isjmm:20160830203340j:plain

 

皆風変わりしちゃってるんだろうけど、トレインスポッティング2見てえな〜。

 

邦楽の元ネタ

 

最近の邦楽の元ネタ、オマージュと思われる楽曲をロック中心に幾つか列挙してみる。


おはようミカ/毛皮のマリーズ



元ネタ:Sympathy For The Devil/The Rolling Stones



あらゆるバンドからあらゆるフレーズを拝借しまくっている毛皮のマリーズの初期の曲。ストーンズのギターソロをほぼそのままに引用しているが、スリーコードのどシンプルな曲に見事にマッチしている。

毛皮のマリーズはまずこの「おはようミカ」が収録されているFaust C.D.から聞くべきだと思う。個人的には後期毛皮のマリーズドレスコーズよりも、初期のロックンロール、ガレージ寄りの毛皮のマリーズを推したい。




モノクロトーキョー/サカナクション

(公式のものが無かったので個人の動画)


元ネタ?:Sous Les Etoiles/Little Majorette



バクマン』の映画音楽からパリコレのサウンドディレクションまで方々から引っ張りだこなサカナクションと山口一郎だが、モノクロトーキョーのイントロのフレーズが、スウェーデンのバンドLittle MajoretteのSous Les Etoilesの2:15〜のフレーズと丸かぶりである。
ただ、サカナクションの楽曲の方がLittle Majoretteよりもリリースが前である為、おそらく偶然かと思われる。それにしても似過ぎ。



Mirror Dance/androp


元ネタ:Star Guitar/The Chemical Brothers


イントロのハンドクラップからバスドラが入り、音数が増えていく展開がそっくり。ジャンルは違えどイントロが酷似しているので、おそらくThe Chemical Brothersを引用したものと思われる。
ケミカルさんは2016年10月に来日予定。

 



Changes/SALU


元ネタ:Flicker/Porter Robinson



SALUのchangesの1:20〜が、Porter RobinsonのFlickerのイントロに似ている。ただの偶然というか勘違いである気がしなくもない。とりあえずどちらもいい曲。
Porter Robinsonのライブを2015年のソニックマニアで見たが、曲は勿論のこと、RPGゲームのようなVJがマッチしており、とにかく多幸感に包まれていた。是非とももう一度生で見たい。


 

Maybe I Can't Good-Bye/平野綾

www.youtube.com


元ネタ:Song 2/Blur



平野綾のある曲がblurのsong2丸パクリという、ただそれだけ。

どうでもいいけど曲名もgood-byeの前にsayが抜けてるよな…。



everybody feels same/くるり


元ネタ:A-Punk/Vampire Weekend


イントロはほぼ一緒で、PVの雰囲気までそっくり。日本のベテランバンドが海外の若手バンドをパクった上、曲もさほど良くない。くるりは好きなバンドだけに少し悲しい。
Vampire WeekendはCousinsの方も曲の良さは勿論のこと、低予算感溢れるPVが見ていて楽しい。ライブ行きたい。




番外編

New Animal/The Pillows


元ネタ:Atlas/Battles



Battlesの大名曲AtlasのPVを上っ面だけパクった曲。ドラムの色や鏡など、ただそのままデザインを引用して垂れ流しているようにしか見えず、音楽性もかけ離れ過ぎていてリスペクトもへったくれもないので、オマージュじゃなくパクリ。肝心の曲もすこぶる微妙。

Battlesが3人になってからのライブも楽しかったけど、やっぱりタイヨンダイがいるBattlesを生で見たかったなあ。



OPEN WORLD/another sunny day

f:id:isjmm:20160505135300j:plain


元ネタ:Modern Vampires Of The City/Vampire Weekend

f:id:isjmm:20160505135309j:plain



こちらは曲ではなくジャケット。ただただ陳腐なパクリで、発売されたばかりのアルバムのジャケットを何の工夫も無くそのまま貼り付けるあたり、クソと呼ぶに相応しい。曲も予想通りクソ。



後半からただの悪口になってしまったが、色々と発見があって面白い。また元ネタや似ている楽曲を見つけたら列挙してみたい。