ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

2017年新譜ベスト

 

今更ながら2017年のベスト10枚。

 

Big Fish Theory / Vince Staples

 

https://pbs.twimg.com/media/DDKk4jwU0AAMzFO.jpg

 

GTA、Flume等のプロデューサーを起用し、トラップ主体の昨今のヒップホップとは若干距離を置いたハウス、エレクトロ色の強いアルバム。前作のSummertime '06より聞きやすいのでこっちの方が好きです。

 

 

I See You / The xx

 

https://cdn-images-1.medium.com/max/1200/1*zO85ywcTMFF0o8PMYjFnBA.jpeg

 

持ち味である哀愁とJamieの持ち味がうまくマッチし、xx至上最もポップかつ唯一無二のアルバムに仕上がっている。失恋を引きずる男と既に次のステップを踏み出した元カノの対比を切ないトラックに乗せた『On Hold』が至高。

 

 

V / The Horrors

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71CA8Ybs8DL._SL1200_.jpg

 

アルバムを聞く度に度肝を抜かれてきたが、それを更に凌駕する勢い。とち狂ったシンセ音とギターかシンセかも検討のつかない自由奔放なソロにグッとくる。フェイザーを自作してしまう程の探究心が存分に発揮された良盤。ベルセルクベヘリットみたいな気持ち悪いジャケットも最高。

 

 

At What Cost / Goldlink

 

http://i.imgur.com/LR5ntGB.jpg

 

 ジャケットの酷さはさて置いて、KAYTRANADAのハウス寄りの曲から、Steve LacyのThe Internet然としたメロウな曲まで幅広くジャンルを網羅したアルバム。Goldlinkはトラップよりもダンス要素の強い曲の方が断然良い。踊れるヒップホップは楽しい。

 

 

No One Loves You / blis.

 

https://f4.bcbits.com/img/a3189581768_10.jpg

 

前作『moving forward』『Starting Fires In My Parents House』の青臭さは既に無く、スローなテンポと泣きのメロディ、力強い歌声はよくあるヘロヘロボーカルのエモリバイバルバンドとは一線を画している。

 

 

Shake The Shadder / !!!

 

http://static.metacritic.com/images/products/music/5/2e386709883de4c38d96d92c256c93f8.jpg

 

聞けば踊らずにはいられない熱量は健在。前作より若干メロディアス。また生で拝みたいもんです。

 

 

In Dreams / Lostage

 

https://throatrecords.ocnk.net/data/throatrecords/product/20170530_a2b4b9.jpg

 

真新しさこそないが、脂の乗りきったエモマシマシの一枚。『僕のものになれ』の思いを寄せる女性を自分のものにできないやるせ無さ、しみったれ感には感傷的にならざるを得ない。今なお五味兄の歌が沁みまくるアルバム。

 

 

 

Pongyaron / NENGU

 

f:id:isjmm:20180412132855j:plain

 

Hella顔負けの手数合戦とノイズでゴリ押す『Real Mel Gibson』で幕を開ける本作は、一皮剥けたのか迷走しているのか最早分からない程のカオスを撒き散らしている。しかしながら飛び切りのユーモアでアートワーク、MV含めやりたい放題ながらも陰ることのない唯一無二のキャッチーさは未だブレない。ほぼ全曲に渡り挿入されたチップチューンは絶妙にバンドサウンドと合致しており、今後どう化けていくか益々楽しみ。

 

 

Powerfull People / Formation

 

http://hostess.co.jp/assets/2017/02/20170214160843.jpg

 

ロンドンの5人組ギターレスバンド。野太いマッチョなベースとビートに心踊る。もっと耳に残るメロディが多ければきっともっと楽しい。

 

 

 

 

Las Napalmas / Aming For Enrike

 

https://f4.bcbits.com/img/a1078619455_10.jpg

 

The Battlesばりのループ合戦を2ピースでこなすナイスなマスロックバンド。pneuやAnd So I Watch You From Afarにも通ずるノイズと捻くれたギターのサイケデリック感が良い。NENGUの招聘で今年度4月に二度目の来日を果たした。

 

 

まだまだ掘り足りないので、今年はテクノやらハウスをもっと聞きたい。

 

 

Vince Staples『Big Fish』

 

たまらなく良いぞこのラッパー!!Childish Gumbinoぶりに度肝を抜かれた。

トラックはエレクトロ寄りだけど、そんな甘っちょろい表現じゃ片付けられない程に惹きつけられる2017年大問題作。ヒップホップでここまで踊れるビートは稀有だと思う。Goldlinkもダンス要素が強いけど、こっちはもっとダークな感じ。曲ごとに個性があってアルバムを通してまるで飽きが来ないのも最高。ぱっと聞いた感じケンドリック・ラマーぐらいしか分からなかったが、どの客演もハマっててそこもまた良い。

どこぞの音楽番組で仁王立ちで1ミリも動かずに歌うVince Staplesがクソかっこよかったんだけど、いつの間にか消されてたみたい。

 



クラバーもBボーイも必聴。

 

 

BIG FISH THEORY [CD]

BIG FISH THEORY [CD]

 

 

 

blue frined 『I will be your blue friend』

 

日本を代表する激情ハードコアバンドのアルバム。最近良く聞いてる。
聞き手を喰わんばかりの怒りのぶちまけっぷりがかっこいい。
エモーショナル、叫び、重いリフ、ポストロック然としたアルペジオ、全てを詰め込んだアルバム。男ならこれ聞かなきゃあかん。
Tiny Moving Parts、Sui La Lune、Sportらを擁するDog Kights Productionsからアルバムはリリースされている。錚々たる面子の中に日本のバンドが居ることは何だか意味もなく誇らしい。

 

 


気に入ったバンドの音源は全て手中に収めたいので、kmkmsとのスプリットも是非とも手に入れたいが、DIYバンドよろしくフィジカルは全て売り切れ。良さに気付くのが遅すぎた。

US激情のCalculatorを招聘するなど海外勢との交流も深い。Calculatorもこれまた痺れるかっこよさ。つんのめる咆哮とギターがたまらん。

 

 


近年のエモ、ハードコア界隈の海外バンドが頻繁に招聘されている動きはとても面白いし、アンダーグラウンドながら日本の音楽に活気を与える大きなきっかけになっていると思う。
Shizune、Sportなどホットなバンドを日本に呼び続けているCut The Tensionの存在は本当に大きい。下北沢で見たSportのライブはエモーショナル溢れまくりだった。シンガロングまみれ。
年末にはThe Saddest Landscapeも来日する。

 

惜しくもblue frinedは現在活動休止中。こんなにかっこいいのに!
一度は生で拝みたい。

 

 

BABY DRIVER

 

オープニングの銀行強盗、The Jon Spencer Blues Explosion、カーチェイスで全部持って行かれた。ジョンスペを爆音で流しながら車をかっ飛ばすのはずるい。これ以上は無いってくらいにBellbottomsがハマる。

 

あらすじ

ベイビー(アンセル・エルゴート)。その天才的なドライビング・センスが買われ、組織の運転手として彼に課せられた仕事―それは、銀行、現金輸送車を襲ったメンバーを確実に「逃がす」こと。子供の頃の交通事故が原因で耳鳴りに悩まされ続けているベイビー。しかし、音楽を聴くことで、耳鳴りがかき消され、そのドライビング・テクニックがさらに覚醒する。そして誰も止めることができない、追いつくことすらできない、イカれたドライバーへと変貌する―。
組織のボスで作戦担当のドク(ケヴィン・スペイシー)、すぐにブチ切れ銃をブッ放すバッツ(ジェイミー・フォックス)、凶暴すぎる夫婦、バディ(ジョン・ハム)とダーリン(エイザ・ゴンザレス)。彼らとの仕事にスリルを覚え、才能を活かしてきたベイビー。しかし、このクレイジーな環境から抜け出す決意をする―それは、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を組織に嗅ぎつけられたからだ。自ら決めた“最後の仕事”=“合衆国郵便局の襲撃”がベイビーと恋人と組織を道連れに暴走を始める―。

 

頭からケツまで音楽に重きが置かれていて、クライマックスでの選曲のセンスもずば抜けている。

The DamndのNeat,Neat,Neatがあんなに映えるとは想像もつかんかった。

 

 

Queenファンからは反感を買いそうだが、Brighton Rockはこの映画で聞いた方が断然かっこいい。

 

  

主人公とヒロインがサクッと恋に落ちるとか細かいことを言えば大分大味ではあったが、何より見ていて楽しかった。これに尽きる。車がギュンギュン走り回る絵は見ていて飽きない。

 

音楽を主題とした近年の映画だとシングストリートも底抜けに良かったが、爽快感と高揚感で評価するなら断然こっち。

 

Big Scary Monsters 'PWYW' バンドキャンプセール

 

天下のグッドレーベルBig Scary Monstersが"Pay Want You Want"セールと題して、バンドキャンプの投げ銭セールやってんぞ!

今ならTiny Moving PartsもtricotもFall Of TroyもBeac SlangもYou Blew It!も9/18(月)までタダで落とし放題だ!乞食は走れ!

 


やっぱり錚々たるメンツにtricotが混じってんのすげえなあ。Dog Knightsのbluefriendみたいな感じだな。レジェンド。

 

 

二郎は鮨の夢を見る

 

ずっと見たいと思いつつ、手を付けられずにいた映画。タイトルから受ける堅苦しいイメージとはかけ離れていた。

店主小野二郎が握る寿司は美しく、何度も見とれてしまった。滑らかに寿司を握る様は「所作」という表現がぴったりだと思った。スローモーションの多用で目に焼き付いて離れん。寿司食いたい。

 

シリアスな雰囲気にピアノの音が絶妙にマッチしていたのも最高だった。調べたらフィリップ・グラスという作曲家らしい。80歳。二郎さんと歳近い。

 

一つの道を極め続け、85歳になっても働き続ける情熱はもはや狂気に近いんじゃないだろうか。俺すぐ投げ出しちゃうからなあ。持続させたい。

 

最後に電車で優しく微笑む二郎さんがまた良かった。

 

 

 

 

 

 

NENGU

 

ついに今週金曜日、NENGUがフジロックROOKIE A GO-GOに出る。

ROOKIE A GO-GOには今までMASS OF THE FERMENTING DREGSmudy on the 昨晩AFRICAEMOceroも快速東京もD.A.NもyahyelもTempalayも出ていて、NENGUもきっとこれから更に人気が出ていくんだろう(AFRICAEMOはもう活動してないけど)。別に自分が育てたわけでも足繁くライブに通ったファンですらないが、嬉しいようなもの悲しいような複雑な気分。

Fall of Troyのサポートアクト決まった時はぶったまげた。高校生の時コピーしたなあ。

 

言っちゃ悪いがこういう聞きにくいインストバンドがちゃんと評価されてフジロックに出れるのは、すごく良いことだと思う。やたらめったら早い4つ打ちのギターロックバンドばっかりじゃつまんないし。これからもっと変態的、個性的なバンドが増えたらいい。

この前の『PONGYARON』レコ発イベントの対バンもHIMO、DULLJAB STEP CLUB、Kineticと、どうやったらその面子になるのってくらいの雑多ぶり。ぶっ飛んだアートワーク、ふざけたPV、演奏技術、あらゆる面で日本では稀有なバンドだと思う。

勿論一番好きなのは音楽。これからもピロピロバコバコやって欲しい。

 


CGからのほんわか女子登場のカオスっぷり。ドラムは元日本マドンナだとか。曲は聞いたこと無いけど「村上春樹つまらない」って曲名は好きだ。

 


元ネタ。あたかもガールズバンドであるかの様に見せている。

 


曲も相まってわけのわからんPV。スタジオにあったゴミで撮ったとか。

 

元ネタはDeath Grips。多分。これもただただ靴を破壊し続ける意味不明映像。

 


おふざけ度MAX。なんでマンドリンバンジョー?弾いてんねん。カリンバが綺麗。

 


biruが一番好きな曲。

 

 

PONGYARON

PONGYARON