読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

邦楽の元ネタ2

音楽 hiphop

 

邦楽の元ネタ第2弾。
曲の元ネタが分かると何故かでかい魚でも釣った気分になるが、誰かに自慢したり、共感できる話でもないのでここで垂れ流す。的外れなのも挙げているが、色々調べてるうちにアーティストのバックボーンが探れたりして楽しい。

 

 

頂(pinnacle)/Shing02


Shing02 頂(pinnacle)

 

Under Me Sleng Teng/Wayne Smith

 

レゲエに電子音を取り入れ、革命をもたらした(とか何とかネットに書いてあった)wayne smithの代表曲をshing02がサンプリングしている。
原曲よりも遅いテンポで雰囲気も若干暗いが、太いベース音がビートにハマっている。

 

 「MCの首切って口にライムを詰め込む酒鬼薔薇」 (『真吾保管計画』)

「そして日本には存在しないゲットー だから自分で探し出さなければいけない劣等感」(『課題毒書パート2』)

 

shing02のリリックは上記のような激しい表現、巧みなワードチョイスが素晴らしい。『星の王子さま』や『少年ナイフ』のようなストーリーテリングも聞き応え十分。日本人ラッパーの中では頭一つ抜きん出ている。

 

 

Tokyo Classic/RIP SLYME


RIP SLYME Tokyo Classic LIVE

 

Stress/Orgnized Konfusion


Organized Konfusion "Stress" [HD]

 

元ネタはNYクイーンズの2MCユニット、Orgnized Konfusion。Tokyo Classicと比べるとStressはいささか暗めだがライムとビートが段違いに格好良い。
PESパートの「クラッシュ、キル、デストロイ」はこの曲のサビのリリックからそのまま引用されている。
他の楽曲でも『雑念エンタテインメント』の「ライト、カメラ、アクション」というリリックはN.W.Aの『Quiet On Tha Set』から、スチャダラパーフューチャリングしている『レッツゴー7,8匹』のサビはA Tribe Called Questの『What?』からそのまま引用されている。

 


Honey/L'Arc-en-Ciel 1998年


L'Arc~en~Ciel Honey Smile Tour


Scribble/Underworld 2010年


Underworld - Scribble

 

Underworldの方がリリースが10年以上後なので元ネタもクソもないが、シンセのメロディーが似ている気がする。気のせいですね。

 


青のり/ブリーフ&トランクス


ブリーフ&トランクス 青のり


Organ Donor/DJ Shadow


DJ Shadow - Organ Donar

 

Shadowの名曲を侮辱するようで恐縮だが、ブリトラの青のりのイントロを聞くと何故かOrgan Donorが浮かんでしまう。ちゃんと聞くと全然ちげえわこれ。

 

 

雑念エンタテインメント/RIP SLYME 3:12〜


雑念エンタテイメント


The Number Song/DJ Shadow 0:50〜


DJ Shadow - Number Song

 

クラッチに使われている男性の声が一緒。ちなみにBlood, Sweat, & Tearsの『Spinning Wheel』も元ネタ。
レコード狂いのShadowのビートは、全編サンプリングとは思えない程に全てが生き生きとしている。1stアルバムのEndtroducingは、しっとりめの曲から高速ブラストビートまで自由且つぶっ飛んだ内容で最高。

 

Yentown/Shing02


Shing02 緑黄色人種 ¥都 yentown


Pusha Man/Chance The Rapper


Chance The Rapper - Pusha Man (feat. Nate Fox & Lili K.)

 

Modaji/Dave Grusin


Dave Grusin - Modaji - 1984

 

ジャズピアニストのデイヴ・グルーシからサンプリング。
今乗りに乗っているChance The Rapperも同曲を引用している。国の違うアーティストが同じ楽曲をサンプリングしているのは、実にロマンがある。

 


ほとんどヒップホップでした。
こういう気付きがあると何だか音楽って楽しいなあという気持ちになります。

 

 

2016 ベストアルバム10枚

音楽

 

2016年に聞いたアルバムの中で良かったものを10枚挙げてみる。今年買った新譜はAphex Twin、Warpaint、宇多田ヒカルぐらいのもんなので、全部旧譜。順不同。

 

f:id:isjmm:20170201220541j:plain

Up, Up And Away/Bushmind
 
京王線の下高井戸駅そばにあるトラスムンドというレコード屋の店主に勧められ、どハマりしたミックスCD。程よい脱力感と浮遊感がとても心地いい。他のミックスやアルバムを聞いても、ハウスからサイケ、ヒップホップなど非常に音楽の幅が広い。Bushmindはどれを聞いても外れ無し。
 
 

f:id:isjmm:20170201220547j:plain

Stilling, Still Dreaming/Tha Blue Herb
 
北海道出身のヒップホップグループ。
「俺達は北から来た」「最強は北だ」と尖りに尖った一枚。力強いライム、自身のラップに対する絶対的な自信、唯一無二のリリックが、孤高のヒップホップアルバムを産み出してている。日本人ならば是非とも聞いてほしい一枚。
『弧墳』での雑踏での熱い語りが良い。途中で噛んじゃうところも何だかグッとくる。
2ndアルバム『Sell Our Soul』の13分を越える『路上』は、BOSSのネパールでの旅を基にしたストーリーテリングで、リアリティ溢れる物語に引き込まれる。必聴!
 
 

f:id:isjmm:20170201220544j:plain

The Low And Theory/A Tribe Called Quest 
 
ニュースクールを代表するラップグループ。
サンプリングとは思えない程に生き生きとしたジャジーなビートにPhifeとQ-Tipの子気味良いラップが乗っかり、とにかく踊れるご機嫌なアルバム。『Bussiness』や『Check The Rhyme』のノリが格別。
 
 

f:id:isjmm:20170201220549j:plain

Innerspeaker/Tame Impala
 
フランジャーでうねるギターにポップなメロディーが耳に焼きつく。乗れるビートも非常に良い。Tame Impalaは元々ソロから始まったってんだから驚き。
 
 
f:id:isjmm:20170201220543p:plain
Come To Daddy/Aphex Twin
 
個人的にはAlberto Balsalmが大名曲だと思うのだが、アルバム全体のバランスで考えるとベストはこっち。『Film』は深夜徘徊のお供にぴったり。
 
 

f:id:isjmm:20170201220538j:plain

Pleasant Living/Tiny Moving Parts
 
煌びやかなギターのタッピングと叫びを織り交ぜた、静と動のバランスが心地良いエモリバイバルバンド。楽器隊の技術が桁違い。
 
 

f:id:isjmm:20170201220546j:plain

空洞です/ゆらゆら帝国
 
今更な一枚だが、洒落乙なカフェでコーヒーしばきながら、あるいは田舎の田んぼ道を歩きながら聞きたいアルバム。『おはようまだやろう』のアシッドなトレモロと管楽器の組み合わせで、冒頭からたちまちハイになれる。リフのループと程良いテンポで体が勝手に動き出してしまう。
 
 

f:id:isjmm:20170201220542j:plain

The View From This Tower/Faraquet
 
単音フレーズの応酬、変拍子、歪み、ポストハードコアとマスロックのいいとこ取り。奇妙なコード感の曲が多いが、ボーカルの声が良い。時折挟む美メロに心揺さぶられます。
 
 

f:id:isjmm:20170201220545j:plain

Anything In Return/Toro Y Moi
 
会社の人に聞かせたら「こいつぁディスコだ」と言わしめた一枚。
踊れる!声が綺麗!
 変名のLes Sinsも含め、作曲の幅が広い。フリーダウンロードアルバム『Samantha』収録のRome Fortuneがフューチャリングしている『Pitch Black』もおすすめ。
 
 

f:id:isjmm:20170201221300j:plain

Coexist/The XX 
 
前作よりもムードは暗め。これと言って大きな変化は感じないが、陰鬱さを感じさせながらも踊れる曲がドツボ。極限まで削ぎ落とされた音と透き通ったRomyとOliverの声がすこぶるエモい。
『Sunset』は、雨の日や夜に聞いたらどっぷり感傷に浸れること間違いなし。Jamie xx editバージョンも最高。
 
 
 
 
ロクなこと書けねえ!来年は新譜もたくさん聞く。
 

Apple MusicとSpotifyを比較する

音楽

 

 
最近Spotifyが日本でも招待コード無しでの利用が可能になったので、各分野に分けてApple MusicとSpotifyどちらが優れているか比較してみた。その他のストリーミングは利用してないので分かりまへん。
 
 

1.楽曲の豊富さ

適当に選んだアーティストで比較。
 
どちらもオリジナルアルバムだけでなく、Past MastersやAnthologyなどのコンピレーションアルバムも揃っており、満足できるラインナップ。
Bootleg RecordingsとIn The Beginningが聞ける分、僅かにApple Musicが充実している。
 
圧倒的にApple Musicが多い。DigeridooやOnなどのEPもあるApple Musicに対して、SpotifyはcyroやRichard D Jamesなどのアルバムが収録されておらず、今一つ。
 
◼︎Rome Fortune
アルバムはどちらも申し分ない印象。
Spotifyは参加作品のラインナップが非常に豊富。ミックステープもSpotifyのみ。
 
 
2016年12月現在、宇多田ヒカル星野源BUMP OF CHICKENなどの特定のアーティストの楽曲はApple Music、Spotify共に未収録。大人の事情。
 
 

2.プレイリスト

どちらも様々なジャンルのプレイリストがあり、内容は個人の好みにもよるので甲乙がつけ難い。
ドイツの老舗クラブであるベルクハインのプレイリストがあり、1プレイリストの楽曲数も多いSpotifyの方は個性的かつマニアックな印象。Apple Musicはサンプリング元、影響を受けたアーティスト、初めての人におすすめなど、音楽の趣味を広げてくれそうなプレイリストが多く、これも音楽好きには嬉しい。
 
 

3.デザイン・仕様

Apple Musicは白、Spotifyは黒を基調したデザイン。特段操作性に差はなく、どちらも使いやすい。
Apple Musicは、有名なアルバムには解説が施されているのが親切で有難い。
Spotifyに関しては、これと言って役立つという訳でもないが、今月のリスナー数と世界ランキングが表示されている。また、アルバムとコンピレーションが一つのウィンドウに纏められていないので、その点については人によっては少し使いにくいかもしれない。
 

4.料金

Apple Musicは3ヶ月間の無料トライアルがある上、料金形態が豊富。
・980円/月の個人メンバーシップ
・1480円/月で最大6人で共有が可能なファミリーメンバーシップ
・480円/月の学生メンバーシップ
などが選択できる。
 
Spotifyもプレミアム版の30日無料体験が可能。Apple Musicとの決定的な違いは、全ての楽曲を無料かつ無期限で聞くことが出来る無料版が用意されていることである。広告あり、特定の曲が選択できず再生はシャッフルのみ、曲のスキップ回数制限ありなどの制限はあるものの、1500万以上の楽曲を無料で聞けるのは大きな利点と言っていい。
 
 

5.その他

Apple Musicでは、一部のアーティストのMVを閲覧できる。
 
 
 

6.まとめ

アーティストのラインナップに多少の差はあれど、それぞれ個性や利点があるので一概にどちらが良いとも言えるものでもなく、個人の好みによるところが大きい。
そこまで念入りに調べたわけではないので、あくまでざっくりとした感想だが、ヒップホップはSpotifyが強い。アーティストが参加しているアルバムのラインナップは圧倒的な数を誇っており、オリジナルアルバムと参加作品が分かれているため、一緒くたになっているApple Musicよりも使い易い。
それに対して、Apple Musicは幅広いジャンルの楽曲とプレイリストのバリエーションでリードしている。個人的にはミックスCDこそないものの、Bushmindのアルバムが配信されている、マイナーどころまで押さえているそのセンスに感激した。Spotifyは1プレイリストの楽曲数が100を越えるものがごまんとあるので、楽曲の選びやすさで考えるとそこがちょっと難点。
 
と、もう書き出したらキリがないし、言ってることもちぐはぐになってきたような気がするのでここら辺にしておきます。何が言いたいかと言うと、ストリーミングはクソ程便利なので若者もおっさんもお婆ちゃんもとりあえず使っとけってことです。
 
ただ、ストリーミングで聞けないアーティストの数は意外と多いし(THA BLUE HERBが聞けないのは致命的)、やはりアルバム1枚1枚を大事に聞くという意味でやはりCD、レコードなど形に残るものを買うべきだと思う。真面目!
 

2016.12.06 The XX 豊洲PIT

ライブ 音楽

 

凄まじいものを見た。

The XXが来日すると聞き、何となくアルバムを聞き返したらいい感じだったので軽い気持ちでライブに行ってみた。


まーーーそれはもう期待を遥かに上回る至高の演奏だった。

まずはSBTRKTでお馴染みのSamphaが前座で会場を温めてくれた。ピアノの弾き語りによるシンプルな演奏だったが、透き通るような歌声に思わず呑まれてしまった。照明も相まって非常に幻想的であった。


肝心のThe XXと言えば、とにかくロミーとオリヴァーの囁くような、しかし力強い声が響いた。あの声にリヴァーブがかかれば、怖いものなど無いと思った。
当然ジェイミーの存在感も大きく、あらゆる曲にアレンジが施され、ビートの多くがパッドの生演奏であることにも驚かされた。たまにヨレるリズムにすら微笑ましさを感じてしまった。一曲目から新曲で入る果敢さもまた良い!新曲はどれもダンサブルで今までとは一味違うThe XXの一面を見ることができたので、次のアルバムが非常に楽しみ。

 

Loud Place, Stranger In A Room, Goshとジェイミーのソロ曲を惜しみなく披露してくれたのは予想外だった。Goshでは、ロミーとオリヴァーが手を取り合って踊っていたシーンがより多幸感を膨らませてくれた。さあ踊るぞ、と上目遣いでロミーに近付くオリヴァーが程よくキモかったのが非常に気に入った。

 

どの曲も間違いなく素晴らしかったが、強いてベストソングを挙げるなら1st albumの『Infinity』。ラストのサビの『give it up, I can't give up』の箇所が原曲を遥かに超える爆音と尺でぶちかましてきやがったので、彼らの思惑通りぶち上がった。静かな曲が多い中で、対照的なアレンジであったことがより楽曲を際立たせていたように思う。


そして何より一番評価したいのは、低音で膀胱が揺すぶられてめちゃくちゃトイレに行きたくなったことだ。本当に素晴らしい一日だった。

 

f:id:isjmm:20161207010311j:plain

f:id:isjmm:20161207010322j:plain

f:id:isjmm:20161207010337j:plain

f:id:isjmm:20161207010343j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掘さんと宮村くんとMineral

音楽

 

掘さんと宮村くんを久しぶりに読み、この漫画を教えてくれた、ツイッターで知り合った友達のことを思い出した。

その人とは高校の時にPeople In The BoxSHIBUYA-AX(大分前に潰れた。悲しい)でのライブにお互い来ていたことがきっかけで知り合い、そこからちょくちょく遊んだり、MASS OF THE FERMENTING DREGSmudy on the 昨晩のライブに一緒に行ったりしていた。Numbei GirlやZazen Boysの音源をくれたり、掘さんと宮村くんを貸してくれたりと色々と自分の知らないことを教えてくれて、恥ずかしげも無く言わせてもらうならば、良い出会いだったなあと今になって思った。その時ハマってたニコニコ動画のゲーム実況の話なんかで盛り上がったりもした。

 

ネット繋がりの友達にありがちだが、大学入ってからはほとんど連絡を取らなくなって、あいつ今何やってんだろうなんて考えると、勝手にたまらなくエモくなってしまう。ちょうど冬だしMineralの2ndなんか聞いちゃう。感傷に浸っちゃう。

 

働き始めてからは必然的に人に会うことが減り、あいつは何やってんだろう、話してえなあと思うことが格段に増えたので日々モヤモヤする。こんなんじゃエモ聞いちゃうなーーーThe Get Up Kidsも好きだけど、Mineralとかもっと湿っぽい方。

最近はSnowingとかI Love Your Lifestyle みたいな疾走感あるやつばっか聞いてたから、テンポの遅い綺麗目な曲が聞きたくなってきた。

 

しかしMineralのEndSerenadingは切なさと湿っぽさに溢れてて、反吐が出る程の名盤だと思いました。1stよりこっちの方が好きかもな。
掘さんと宮村くんを教えてくれたあいつに是非聞かせたい一枚。

 


Mineral - EndSerenading (full album)

 


NUMBERGIRL 鉄風鋭くなって

 

マスとエモとハードコア

math rock


今個人的に激アツの、マスでエモはたまたハードコアな、取っ付きにくいようでポップ、且つ爆音でぶちかますロックバンドをいくつか挙げてみる。

 

■Adebisi Shank
アイルランドの3ピースインストバンド
ギターが超バカテク、ベースもゴリゴリ、そんな暴れまわる弦楽器をドッシリしたビートが支える、と隙なし。ギターがアホみたいに指が動く上に、エフェクターの使い方から曲展開まですべてかっちょいい。それでいてポップで聞きやすく、アルバムごとに毛色が違うのが面白い。

日本からはLITE擁するParabolica Recordsから音源が出ている。ギターは特にLITEの大ファンらしく、ベースの井澤曰くLITEの海外公演で「『Ghost Dance』(たぶんこの曲)やるの!?」と目をキラキラさせていたとか。

残念ながらもう既に解散済み。ラストライブの新代田feverはそりゃもうハッピー空間でした。本当にギターが神がかってた!!きっと死ぬまで聞き続けるであろう最高のバンド。


Adebisi Shank | 'Masa'

彼らの所属するLAのレーベルSargent HouseにもblissやAnd So I Watch From You Afarなど、個性的且つ良質なバンドが多い。

 

 

◼︎nuito
京都の3ピースインストバンド。爆音とは少し違うかも。
マイスペース時代は、コンテンポラリプログレッシブマスロック(覚えてねえ、適当)とか自称してたような。そんな突飛な名前通り、曲のほとんどが超複雑な構成であり、タッピングの嵐。楽器隊全部クソ上手い。このバンドに出会ってからからマスロックをよく聞くようになった気がする。

一インディーズバンドにしては細部に独特なこだわりがあり、個性が強い。Hinemosという曲を一定の条件?で左右のスピーカーを向き合わせると新たな音が聞こえるとか、アーティスト写真はゴミ山の中で顔の見えない3人が寝そべってるだけとか。

ホームページにも隠しリンクや、PCの画面を傾けると文字が浮かび上がる等の工夫があり、曲やライブ以外の面でも非常に楽しませてくれるバンドである。
活動休止前にバンドスコア貼るとかギターのひらうが言ってたけど、もう覚えてないだろうなー。

2009年のtera melosやAdebishi Shankの来日公演のサポートアクトも務めており、活動休止前から注目を集めていた。前者のライブでリズム隊のサインを貰った後、ひらうにサインを求めたら、「俺はバンマスだから何してもいいんだ」とリズム隊のサインにバツを付けた後、でかでかと自分のサインを書いてくれた。

最近、7年振りに活動を再開したらしく、新宿MARZでのライブを見たが演奏はまるで衰えておらず、以前のライブではスカスカだったMARZがパンパンになっていて二度驚いた。またライブ見たい。

 


NUITO - NUITO ARE BACK.′ @TOKYO MARZ 2016/6/19

 

◼︎1994!
ペンシルバニアの2ピースバンド。エモリバイバルの流れを汲んでおり、その中でもパンキッシュで非常にパワーに溢れている。暑苦しくダミ声で吠えるボーカルと手数の多いギターはsnowingやcastevetにも通じるものがある。

どの音源も音質が悪いが、ライブ動画を見てると客と組んず解れつのぐちゃみそなのでそれを再現してると思えばこれはこれでいいのかも。

最新アルバムの『fuck it!』には小さいフォトブックみたいなものにツアーやライブの写真が付いていて嬉しい。レコードしかないけど。

しかしどうもエモリバイバル系は日本で流通しているフィジカルの数が少なく、ディストロで見つけても売り切れていることが多いのが如何ともしがたい。

 


1994! - SOUR THANKS MAN - THE PEEL, KINGSTON 27th JULY 2011


どれも最高す。生きてて良かった!!

もっと生きてて良かった級の音楽知りたい。

 

The Chemical Brothers 2016/10/14 新木場StudioCoast

音楽 ライブ

 

初めて見たケミカルブラザーズは、何物にも代え難い幸せな気持ちにさせてくれた。ちょっとした好奇心で見に行った部分もあったが、予想を遥かに上回る最高のライブだった。
個人的に気に入った曲は、まずStar Guitar 。イントロのクラップ音鳴った瞬間震えた。あれでご飯いっぱい食える。
Galvanizeがこれまた良かった。普段ほとんど聞かない曲だけにいい発見があった。
やっぱり生ででかい音で聞けるってのはたまらん。ケミカルのライブは音源では分からない良さが沢山あった。そんでもってDig Own Your Holeはクソ良いアルバム。

The Chemical Brothers - Star Guitar

 

今年のサマーソニックで見たアンダーワールドも何度も奇声を上げる程良かった。何が流れても踊れたが、やっぱりborn slippyにやられた。弾むボールに照明が当たって、狂わんばかりの多幸感に包まれてた。

f:id:isjmm:20161112141224j:plain

f:id:isjmm:20161112141255j:plain

 

最近はもっぱらエモとマスとヒップホップだけど、踊れるやつももっと掘りたい。