ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

二郎は鮨の夢を見る

 

ずっと見たいと思いつつ、手を付けられずにいた映画。タイトルから受ける堅苦しいイメージとはかけ離れていた。

店主小野二郎が握る寿司は美しく、何度も見とれてしまった。滑らかに寿司を握る様は「所作」という表現がぴったりだと思った。スローモーションの多用で目に焼き付いて離れん。寿司食いたい。

 

シリアスな雰囲気にピアノの音が絶妙にマッチしていたのも最高だった。調べたらフィリップ・グラスという作曲家らしい。80歳。二郎さんと歳近い。

 

一つの道を極め続け、85歳になっても働き続ける情熱はもはや狂気に近いんじゃないだろうか。俺すぐ投げ出しちゃうからなあ。持続させたい。

 

最後に電車で優しく微笑む二郎さんがまた良かった。