ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

NENGU

 

ついに今週金曜日、NENGUがフジロックROOKIE A GO-GOに出る。

ROOKIE A GO-GOには今までMASS OF THE FERMENTING DREGSmudy on the 昨晩AFRICAEMOceroも快速東京もD.A.NもyahyelもTempalayも出ていて、NENGUもきっとこれから更に人気が出ていくんだろう(AFRICAEMOはもう活動してないけど)。別に自分が育てたわけでも足繁くライブに通ったファンですらないが、嬉しいようなもの悲しいような複雑な気分。

Fall of Troyのサポートアクト決まった時はぶったまげた。高校生の時コピーしたなあ。

 

言っちゃ悪いがこういう聞きにくいインストバンドがちゃんと評価されてフジロックに出れるのは、すごく良いことだと思う。やたらめったら早い4つ打ちのギターロックバンドばっかりじゃつまんないし。これからもっと変態的、個性的なバンドが増えたらいい。

この前の『PONGYARON』レコ発イベントの対バンもHIMO、DULLJAB STEP CLUB、Kineticと、どうやったらその面子になるのってくらいの雑多ぶり。ぶっ飛んだアートワーク、ふざけたPV、演奏技術、あらゆる面で日本では稀有なバンドだと思う。

勿論一番好きなのは音楽。これからもピロピロバコバコやって欲しい。

 


CGからのほんわか女子登場のカオスっぷり。ドラムは元日本マドンナだとか。曲は聞いたこと無いけど「村上春樹つまらない」って曲名は好きだ。

 


元ネタ。あたかもガールズバンドであるかの様に見せている。

 


曲も相まってわけのわからんPV。スタジオにあったゴミで撮ったとか。

 

元ネタはDeath Grips。多分。これもただただ靴を破壊し続ける意味不明映像。

 


おふざけ度MAX。なんでマンドリンバンジョー?弾いてんねん。カリンバが綺麗。

 


biruが一番好きな曲。

 

 

PONGYARON

PONGYARON