読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

マスとエモとハードコア2



やかましいマスロックバンド紹介の続き。

 

■ Pneu

フランスのギター&ドラムの2ピース爆裂技巧バンド。これを聞いたら頭を揺らさずにはいられない。手数の多さと目まぐるしい曲展開で、一聴すると無茶苦茶なようだが根底はポップ。
ベースレス、インストと無いもの尽くしだが、そんな固定概念を見事にぶち壊してくれる程にどの曲もはじけ散らかしている。Adebisi Shankやnoumenonに通じるものを感じるが、このバンドは唯一無二。
ビーチに直で楽器とスピーカーおっ立てて演奏する彼らのライブ動画があったが、日本もそんな個性的なDIY面白イベントあったらいいのになあなんて思った。

 


PNEU - Derouille Party @ Le Ferrailleur (Nantes)

 

 

■NENGU

今日本で1番推せるバンド。
特筆すべきはギターの多彩さ。繰り出されるフレーズはどれも秀逸で聞き手を飽きさせない。ドラムはthe cabsの中村一太を彷彿とさせるような連打に続く連打で煽りまくる。ライブを何度か見たが、本当にインディーズとは思えない程上手いし、かっこいい。
ここまで激しくポジティブで、pneuの影響を受けているインストバンドは、おそらく今の日本には年貢以外存在しないと思われる。
You Blew It!やThe Fall of Troyの来日公演のサポートアクトを務め、今や飛ぶ鳥を落とす勢いで大驀進中。これから益々注目を集めていくこと間違いなしの至高の激マスバンド。

ベースの樋口が所属するsans visageという激情ハードコアバンドも恐ろしくかっこいい。the band apart、toeが出演する大阪でのイベントに大抜擢され、こちらのバンドもいよいよヤバい。

 

元ネタと思われる曲


ADEBISI SHANK - ("THUNDER" A New Song - Live Studio Session)

 


Nengu 'Go My Bamboo' [Next Music From Tokyo Vol 8]

 

 

■ Noumenon

シカゴのマスロックバンド。上記2つのバンドと同じくゴリゴリに歪んだ弦楽器が暴れ回る。こちらはシンガロングがあったりと少しエモの要素が強い。
フィジカルはLoose Lips Sink Sipsとのスプリットのみというのが非常に惜しい。おそらく現在は活動もしていない。需要は間違いなくあるから誰か日本呼んで!

 


Noumenon - Iguana In The Science Lab

 

 

Highway to Health

Highway to Health

 

 

PONGYARON

PONGYARON