読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

邦楽の元ネタ2

 

邦楽の元ネタ第2弾。
曲の元ネタが分かると何故かでかい魚でも釣った気分になるが、誰かに自慢したり、共感できる話でもないのでここで垂れ流す。的外れなのも挙げているが、色々調べてるうちにアーティストのバックボーンが探れたりして楽しい。

 

 

頂(pinnacle)/Shing02


Shing02 頂(pinnacle)

 

Under Me Sleng Teng/Wayne Smith

 

レゲエに電子音を取り入れ、革命をもたらした(とか何とかネットに書いてあった)wayne smithの代表曲をshing02がサンプリングしている。
原曲よりも遅いテンポで雰囲気も若干暗いが、太いベース音がビートにハマっている。

 

 「MCの首切って口にライムを詰め込む酒鬼薔薇」 (『真吾保管計画』)

「そして日本には存在しないゲットー だから自分で探し出さなければいけない劣等感」(『課題毒書パート2』)

 

shing02のリリックは上記のような激しい表現、巧みなワードチョイスが素晴らしい。『星の王子さま』や『少年ナイフ』のようなストーリーテリングも聞き応え十分。日本人ラッパーの中では頭一つ抜きん出ている。

 

 

 

Tokyo Classic/RIP SLYME


RIP SLYME Tokyo Classic LIVE

 

Stress/Orgnized Konfusion


Organized Konfusion "Stress" [HD]

 

元ネタはNYクイーンズの2MCユニット、Orgnized Konfusion。Tokyo Classicと比べるとStressはいささか暗めだがライムとビートが段違いに格好良い。
PESパートの「クラッシュ、キル、デストロイ」はこの曲のサビのリリックからそのまま引用されている。
他の楽曲でも『雑念エンタテインメント』の「ライト、カメラ、アクション」というリリックはN.W.Aの『Quiet On Tha Set』から、スチャダラパーフューチャリングしている『レッツゴー7,8匹』のサビはA Tribe Called Questの『What?』からそのまま引用されている。

 


Honey/L'Arc-en-Ciel 1998年


L'Arc~en~Ciel Honey Smile Tour


Scribble/Underworld 2010年


Underworld - Scribble

 

Underworldの方がリリースが10年以上後なので元ネタもクソもないが、シンセのメロディーが似ている気がする。気のせいですね。

 


青のり/ブリーフ&トランクス


ブリーフ&トランクス 青のり


Organ Donor/DJ Shadow


DJ Shadow - Organ Donar

 

Shadowの名曲を侮辱するようで恐縮だが、ブリトラの青のりのイントロを聞くと何故かOrgan Donorが浮かんでしまう。ちゃんと聞くと全然ちげえわこれ。

 

 

雑念エンタテインメント/RIP SLYME 3:12〜


雑念エンタテイメント


The Number Song/DJ Shadow 0:50〜


DJ Shadow - Number Song

 

クラッチに使われている男性の声が一緒。ちなみにBlood, Sweat, & Tearsの『Spinning Wheel』も元ネタ。
レコード狂いのShadowのビートは、全編サンプリングとは思えない程に全てが生き生きとしている。1stアルバムのEndtroducingは、しっとりめの曲から高速ブラストビートまで自由且つぶっ飛んだ内容で最高。

 

 

Yentown/Shing02


Shing02 緑黄色人種 ¥都 yentown


Pusha Man/Chance The Rapper


Chance The Rapper - Pusha Man (feat. Nate Fox & Lili K.)

 

Modaji/Dave Grusin


Dave Grusin - Modaji - 1984

 

ジャズピアニストのデイヴ・グルーシからサンプリング。
今乗りに乗っているChance The Rapperも同曲を引用している。国の違うアーティストが同じ楽曲をサンプリングしているのは、実にロマンがある。

 


ほとんどヒップホップでした。
こういう気付きがあると何だか音楽って楽しいなあという気持ちになります。