ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

nujabesとゲートウェイミュージック

 

職場にテクノ、ジャズ、ディスコ、ヒップホップ、ソウル、ロックとにかく多様なジャンルの音楽に詳しい人がいる。その人は元々DJをやっていて、地元でイベントを開いたり、ミックスCDを作り高円寺のロスアプソン、下高井戸のトラスムンド、大阪のレアグルーヴなど知る人ぞ知るマニアックなレコ屋に売り込んだりと、積極的に活動していたそうだ。
なーんでそんなにジャンルレスに音楽聞けるもんかね、と思っていたが、今日その人にふと勧められたnujabesの『final view』を聞いた時に少し合点がいった。

 

Yusef Lateefの『Love Theme From Spartacus』というジャズの楽曲が元ネタになっているようで、『final view』自体は曲調はジャズなんだけどビートはヒップホップという。ピアノとサックス?の絡みが非常に心地よくそれにビートがすごく合う。こういう音楽から趣味がヒップホップからジャズ見たいな感じで派生していったんだろうな〜としみじみしてしまった。

ゲートウェイドラッグならぬゲートウェイミュージック。俺もゲートウェイミュージック作りてえ。

 

nujabesはmodal soulしか聞いたことなかったけど、final viewが入ってるアルバムもかなり良い感じ。こういう発見が週一くらいであったらきっと人生楽しい。仕事は辞めたい。


Yusef Lateef - Love Theme From Spartacus

 


Nujabes - The Final Viewmp4

 

そんなこと書きながら渋谷駅構内を歩いてたら、渋谷よう分からんからおすすめのラーメン屋教えてくれと男女二人組に話しかけられ、何やかんや音楽の話なんかしたりして連絡先交換した。なんだこれ。

友達にそのことを話したら、よくある宗教の勧誘だと白けた顔で言われた。あの一瞬の

俺の喜びを返せ!!あれ以降連絡は一度も無い・・・。