ひたすら音楽聞く

死ぬまでしこたま聞く

邦楽の元ネタ

 

最近の邦楽の元ネタ、オマージュと思われる楽曲をロック中心に幾つか列挙してみる。


おはようミカ/毛皮のマリーズ



元ネタ:Sympathy For The Devil/The Rolling Stones



あらゆるバンドからあらゆるフレーズを拝借しまくっている毛皮のマリーズの初期の曲。ストーンズのギターソロをほぼそのままに引用しているが、スリーコードのどシンプルな曲に見事にマッチしている。

毛皮のマリーズはまずこの「おはようミカ」が収録されているFaust C.D.から聞くべきだと思う。個人的には後期毛皮のマリーズドレスコーズよりも、初期のロックンロール、ガレージ寄りの毛皮のマリーズ推したい。




モノクロトーキョー/サカナクション

(公式のものが無かったので個人の動画)


元ネタ?:Sous Les Etoiles/Little Majorette



バクマン』の映画音楽からパリコレのサウンドディレクションまで方々から引っ張りだこなサカナクションと山口一郎だが、モノクロトーキョーのイントロのフレーズが、スウェーデンのバンドLittle MajoretteのSous Les Etoilesの2:15〜のフレーズと丸かぶり。
ただ、サカナクションの楽曲の方がLittle Majoretteよりもリリースが前である為、おそらく偶然かと思われる。それにしてもめっちゃ似てる。



Mirror Dance/androp


元ネタ:Star Guitar/The Chemical Brothers


イントロのハンドクラップからバスドラが入り、音数が増えていく展開がそっくり。ジャンルは違えどイントロが酷似しているので、おそらくThe Chemical Brothersを引用したものと思われる。
ケミカルさんは2016年10月に来日予定。

 



Changes/SALU


元ネタ:Flicker/Porter Robinson



SALUのchangesの1:20〜が、Porter RobinsonFlickerのイントロに似ている。ただの偶然というか勘違いである気がしなくもない。とりあえずどちらもいい曲。
Porter Robinsonのライブを2015年のソニックマニアで見たが、曲は勿論のこと、RPGゲームのようなVJがマッチしており、とにかく多幸感に包まれていた。是非とももう一度生で見たい。


 

Maybe I Can't Good-Bye/平野綾

www.youtube.com


元ネタ:Song 2/Blur



平野綾のある曲がblurのsong2丸パクリという、ただそれだけ。

どうでもいいけど曲名もgood-byeの前にsayが抜けてるよな…。



everybody feels same/くるり


元ネタ:A-Punk/Vampire Weekend


イントロはほぼ一緒で、PVの雰囲気までそっくり。日本のベテランバンドが海外の若手バンドをパクった上、曲も本家の方が良い。くるりは好きなバンドだけに少し悲しい。
Vampire Weekendは『Cousins』の様な低予算感溢れるPVが見ていて楽しい。こちらもライブに行ってみたい。




New Animal/The Pillows


元ネタ:Atlas/Battles



Battlesの名曲AtlasのPVを上っ面だけパクった曲。ドラムの色や鏡など、ただそのままデザインを引用しており、音楽性もかけ離れていてリスペクトもへったくれもないので、オマージュではなくパクリと表現した方がしっくりきちゃう。肝心の曲も微妙。

Battlesが3人になってからのライブも楽しかったけど、やっぱりタイヨンダイがいるBattlesを生で見たかった。



OPEN WORLD/another sunny day

f:id:isjmm:20160505135300j:plain


元ネタ:Modern Vampires Of The City/Vampire Weekend

f:id:isjmm:20160505135309j:plain



こちらは曲ではなくジャケット。ストレイテナーナカヤマシンペイ大山純らが在籍するバンドがVAMPIRE WEEKENDのアルバムから拝借。発売されたばかりのアルバムのジャケットを何の工夫も無くそのままコピーペーストといった塩梅で、クソと呼ぶに相応しい。曲もご多分に漏れず微妙。



後半からただの悪口になってしまったが、色々と発見があって面白かった。また元ネタや似ている楽曲を見つけたらさらに彫り下げてみたい。